ぶよじ no ashiato 

私の日々のこと、キロク...........ashiato.



東伊豆*伊東の温泉旅<宿ご飯> :: 2015/04/14(Tue)

ふらっと東伊豆の旅。


存分に温泉を堪能したら、おまちかねの晩ご飯~♪

最初はお部屋食ってコトだったみたいだけど、
1部屋空いたから、お食事処でもご用意できますけどって言われて、
お食事処も個室みたいだったので、そちらに変更しました。








個室ならのんびり出来るしね♪


テーブルにはまず前菜が並べられてました。
器も素敵。

菜の花の和え物や、桜の葉のお寿司。
磯辺揚げに一口コロッケetc・・

特に左上の、ホワイトアスパラムースが美味しかったです♪








まずは食前酒でちょっと乾杯して、それからは、
ダンナさんはビール、私は梅酒を頼んでまた乾杯(笑)。

さっきお風呂ですでにビール飲んでるけど、
あっという間に消化しちゃったしね(´▽`;;)


ちょこちょこつまみながら、お品書きを見てたら、
次のお椀がきました。








栄螺の沢煮椀。
千切り野菜いっぱいで嬉しい♪


そしてお楽しみのお造り~(* ̄m ̄)
伊豆だもん、お刺身は絶対美味しいよね。

盛り付けもとってもキレイ。
(別府のお宿を思い出す♪)


桜鯛に鰆に初ガツオ、珍しいところだと、
平貝?って貝の炙り。

程よい食感があって美味しかったです。





美味しかったと言えばこちら!

伊豆だもんね、生わさびあるよね( ̄▽ ̄*)


気がついたらダンナさんがせっせとおろしてくれてて、
とってもいい香りがしてきました。








生わさびなら、いっぱいつけてもツンツンしないし、
ホントに贅沢なお刺身になります。

すごく美味しかったなぁ♪





残ったわさびは、お造り頂いてもそのまま取っておいて、
お次の焼き物でもまた頂きます。


金目鯛の焼いたのと、牛ロース。

金目もさすが伊豆!
甘みもたっぷりで身は柔らかくて、すごく美味しかった~♪








そろそろお腹は膨れてきたけど、まだ真ん中くらい(笑)。
お次はお鍋です。

お鍋って、もう具がお出汁に入ってて、ただ火をつけるところが多い中、
こちらはお皿に別盛りで、自分で入れるスタイル。

こーゆーの嬉しい。


しかも、白魚と焼きアナゴの柳川風って書いてて、
柳川なら卵でとじるところ、茶碗蒸しっぽいのが別添え。








最後に入れて混ぜてもいいし、別に食べても美味しいですよって。


卵とじ系のお料理がそんなに好きじゃない私は、
とびきり嬉しい演出でした。


ダンナさんは全部入れて美味しいって言ってたし、
私は別に食べてすごく美味しかったし♪





焼きあなごをお鍋に入れるのも美味しいんだね~。
お出汁も美味しく頂きました。


口が優しい味でホッとしたところ、
今度は箸休めの濃厚胡麻豆腐。

この胡麻豆腐がちょっと変わっててね・・。





濃厚でとろとろなんです。

むっちりしてるのかと思いきや、とろとろ。
とろとろプリンのような胡麻豆腐(笑)。

胡麻好きにはたまらなかったです。


も~すごくお腹いっぱいだけど、
まだまだ続きます。








お次は選べるお料理。

桜エビの天ぷらや、魚の煮つけ、
全部で4品から好きなモノを選べるスタイル。

そんなのもすごく嬉しいなぁ。


私はお腹いっぱいになることを見越して、
蛍烏賊のレモンジュレ和え。





めっちゃさっぱりで、お腹いっぱいでもぺロリ( ̄m ̄〃)


ダンナさんはと言うと、一番重たそうなビーフシチュー!
ここでビーフシチューを食べるとは、さすが男(笑)。

つか、ビーフシチューって珍しいですよね。





そして最後のお食事も選べました。

桜エビの炊き込みご飯と最後まで悩んで、
私は2色蕎麦。


お蕎麦なら、お腹いっぱいでもするする入るから(笑)。





案の定、するする入りました(* ̄ー ̄*)
まだちょっと残ってた、生わさびも入れて美味しさ倍増(笑)。


ダンナさんは鯛茶漬け。








お茶漬けもね、するする入るよね(笑)。


でももうホントにホントにお腹いっぱい!!
ご馳走さま!

って言いたいところだけど、別腹がきました。





フルーツでもいいところを、なんと羊羹(笑)。
でもこの桜羊羹がまた美味しかったんだなぁ♪


イチゴと抹茶のゼリー寄せでさっぱりしめて、
苦しい苦しい言いながらお部屋に戻りました(;´▽`A``


贅沢なこと。





お部屋に戻ったら、サービスのビールをまた頂いたり、次の日の計画を考えたり、
お腹も落ち着いたら、またお部屋のお風呂にゆっくり浸かって、
ふかふかベッドでおやすみなさい♪


ホントに贅沢な1日でした。




  1. ├ 東海